楽しいことをお伝えします


by imazawajp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

富山に行ってきました!

秋の気配がするこの頃になりました。富山県の南砺市に住む友人に誘われて、その地に行ってきました。そこは富山空港から車で1時間ぐらいのところにあります。そのあたりは、[散居村]という集落の形で家々が100m前後の距離を置いて散らばっている風景が未だにのこっているのどかなところでもあります。
立派な古い面影を残した(が、新しく作リ直してありました)家がたくさんありました。風情ある田舎で感動しました。
c0011796_18303447.jpg

友人の友達、敷波さんの家では「なた豆」を干していました。めずらしい!始めて見た!皮ごと干してから、豆を取るそうです。
c0011796_232387.jpg

c0011796_233322.jpg

柿の木がどの家にもあり、秋が深まっていることを教えてくれました。
c0011796_1832280.jpg

友人の家の柿を採ろうと、取っ手の長いハサミでチャレンジしては見たものの、なかなに難しかったです。
c0011796_18332393.jpg

友人は、保育士をしていて、その仲間たちと集まって話の出来るところを持ちたいと、事務所を買ったとのことでした。そこでは、保育のための「ビデオ製作」もしている本格的な活動の場所らしいので、楽しみに行きました。そしたら、驚くような立派な家だったのです!マンションの1室じゃない!
c0011796_18355628.jpg

その上、その家の前はどこまでも続く広い田んぼでした。やっぱり、のんびりしてる!うらやましい!全部が自分の風景と言う感じでした。
c0011796_18364337.jpg

三世代同居して、毎日食事を作っているその友人を少しでも解放してあげようと、おせっかいな私は、東京から「焼きたてのパン」「チーズ各種」、サラダ作りの為に「ベビーリーフ、ぽん酢、オリーブオイル、ゲランドの塩の花」を持参しました。そして、簡単に作って、東京の風を届けました。こんな感じに・・・。
c0011796_18413762.jpg

翌日は、彼女の仕事仲間の女性たちが集まりました。私のために、富山ならではの「惣菜」をそれぞれに作ってきてくれました。長いも入りの茶碗蒸し、干しナスの煮物、ずいきのしら和えetc・・美味しいものばかり! その夜は、東京と富山のミックスカルチャーな食事になりました。
真ん中の白いセーターの人が我が友「木下三喜子さん」やさしい中に熱い思いを持っている人です。彼女の友情に支えられ我らの付き合いも30年になろうとしてます!
c0011796_234470.jpg

c0011796_1843522.jpg

5人の話は深夜に及び・・環境や仕事が違っても、悩みも喜びも同じこと実感しました。
保育士30年の友人は、「若いお母さんと小さな子供」のための「何か新しい試み」を考えているようです。私も手伝って形にしていこうと決意した夜でもありました。

苦労して収穫してきた「柿」は、召田能理子さんが作った器「カルデラ」に入れて、私の部屋のインテリア兼朝食になってくれてます。思い出までが美味しい?よい旅でした。
c0011796_23135931.jpg

[PR]
by imazawajp | 2006-10-24 18:44