楽しいことをお伝えします


by imazawajp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

この忙しい時期だというのに、実は韓国に行ってました。ソウル周辺と太田近くの世界遺産を見に行ったのですが・・・。「これが世界遺産?」という感じだったのですが、彼の国の歴史が古いこと、その時期から文化があったことだけはよく理解できました。
その中で、この国は極彩色とモノトーンが共存していることに気づきました。今までは、ハデハデな印象しかなったので意外でもありました。
●まずはその典型の世界遺産の建物から。王様の住むところは。極彩色に色どり、その権勢を示していたようです。すごく派手。丹念に色彩豊かな絵柄が描かれています。
c0011796_23145912.jpg

c0011796_23151763.jpg

c0011796_2315426.jpg

●その上、お守りとして屋根には三蔵法師ご一行さまが付いていました。孫悟空分かりますか?
c0011796_2316912.jpg


●その一方、王様の部下である貴族たちが住む家は王宮の隣にあるにも関わらず、色彩の無いシンプルなものでした。
c0011796_23181265.jpg

c0011796_23175495.jpg

●その家で一番良かったのは、日が差仕込むとおろす日よけが屋根に付いている部屋でした。
天井のところにある障子のようなものがそれです。日が差仕込むと、すだれの様に下ろすんですって!良いアイディア!
c0011796_232018.jpg

●太田にある、水原華城の城跡もこんなわびサビな感じでしたよ。
c0011796_23382930.jpg


●夜になり、ソウルの街に繰り出してみると、イルミネーションが一杯!それも華やかなものが。ミレナリオ風のネオンが建物を覆っていましたよ。
c0011796_23233756.jpg

c0011796_23235422.jpg

●太田(テジョン)のローカルホテルの中もこんなに派手!
c0011796_2324484.jpg

●一方ソウルの街中でも、こんな地味な電飾もありました。焼肉やの店頭ですよ。電球を和紙でおひねり風に包んだだけのもの。でも真似してみたい感じでした。
c0011796_23322293.jpg

●イルミネーションでもシンプルなものも。
c0011796_23345196.jpg

●地味と派手の共存は、サムゲタンのある食卓でしょうか?美味しかったですよ。モノトーンな湯気とキムチが、ソウルの味そのものでした。
c0011796_2328622.jpg

もっと時間をかけて、色々見て、食べて・・とその国のこと、もっと良く知りたくなりました。
[PR]
by imazawajp | 2006-12-19 23:28